優しい味にホッとする。長~く愛され続ける「ことり」の鍋焼きうどんって?

優しい味にホッとする。長~く愛され続ける「ことり」の鍋焼きうどんって?

松山市民のソウルフードの一つ、鍋焼きうどん。レトロなアルミ鍋で煮る松山の鍋焼きうどんは、甘めの味付けが特徴です。今回はおじいちゃん、おばあちゃん世代から子どもまで、長く愛され続ける老舗の「ことり」を紹介します。

いざ、銀天街の路地裏へ

昭和24年創業のことり。松山市中心部のアーケード街・銀天街の路地裏にあります。朝10時の開店から、お客さんが続々と訪れるほど人気です。売切れ次第終了なので、早めの来店がおすすめですよ。

「鍋焼きうどん」と「いなりすし」のみで勝負!

ことりのメニューは鍋焼きうどん550円と、いなりすしのみ。注文が通ると、うどん鍋がズラリとコンロに並べられ、手際よく作られます。鍋は、直径16cmのアルマイト鍋。どこか懐かしさを感じる見た目がいいですね!

こちらはいなりすし1皿260円。甘いごはんに合わせて、揚げの味付けにこだわって作っています。酢と砂糖の甘みのバランスも絶妙。手作りならではの優しい味です。

また食べたくなる、鍋焼きうどんのおいしさのヒミツ

ことりの鍋焼きうどんを食べると、どこか懐かしいような、ホッとする味がします。おいしさのヒミツは二つ。一つ目は甘めのだし。伊予灘の秋どれイリコと利尻昆布を使い、素朴ながらも深い味わいです。

二つ目はきめ細かい麺。表面はやわらかいけれど、中に芯が残るようにこだわって仕上げたそうです。鍋焼きうどんの味に合うように、メーカーに指定した特注品なんですよ。

「昔と変わらんね、と言ってくれるのがうれしい」とにこやかに話す、ことりのご主人。昭和の創業時から愛され続ける鍋焼きうどん、ぜひ食べてみてくださいね。

ことり

住所:愛媛県松山市湊町3丁目7-2 ことり
電話番号:089-921-3003
営業時間:10~14時(売切れ次第終了)
定休日:水曜、不定休