近すぎて意外と気づいてない?! 坊っちゃん列車で旅するぜいたくな時間

近すぎて意外と気づいてない?! 坊っちゃん列車で旅するぜいたくな時間

こんにちは!ワカモノライターのmamikoです。
今回ご紹介する坊っちゃん列車は、地元だと乗ったことが無いという人も多いのでは?
私もその一人でしたが県外から遊びにきた友人に誘われるまま乗ったところ、
とてもいい時間を過ごせたのでぜひ紹介させてください!

観光気分で松山市駅から道後温泉まで

坊っちゃん列車は、明治21年から67年間にわたり松山市民の足として活躍していた蒸気機関車を復元したもの。
今回は、松山市駅から坊っちゃん列車に乗ることにしました。
他にも「道後温泉」「大街道」「JR松山駅前」「古町」から乗ることができます。
乗車券も坊っちゃん列車に合わせて凝った作りになっていて雰囲気がありますね。
車掌さんに乗車券を渡していざ!乗車です!

「マッチ箱のような汽車だ」by夏目漱石

ほんのり暗い車内に一歩足を踏み入れれば、そこはもう特別な空間。
大げさではなく、タイムスリップしたかのような感覚です。
木の造りと昔ながらの金具、ピカピカに磨かれた内装に胸が踊ります。

車内が揺れるたびに「ガタガタガタ」というかなり大きな音が鳴ります。
その振動は決して快適とは言えないかもしれませんが、
個人的にそれがすごくいいなと思いました。
「当時の人たちもこの音を聞きながら、列車に乗っていたんだな」と
明治時代の人たちに思いを馳せながら坊っちゃん列車での時間を楽しみます。

道後温泉までの道中、車掌さんが坊っちゃん列車や松山市について話をしてくれます。
そのなかですごく覚えているのは、夏目漱石が小説「坊っちゃん」のなかで
坊っちゃん列車のことを「マッチ箱のような汽車だ」と言っているということ。
坊っちゃん列車は車両が少なくコンパクトなんです。
それをマッチ箱と表現する夏目漱石はロマンチックだな〜と思いました。

ただの移動を、少しだけ特別な時間に

坊っちゃん列車から景色を楽しんでいると、道行く人が手を振ってくれます。
ただの移動が、少しだけ特別な移動になる。
そんな小さなぜいたくが、意外にも1日の充実感に繋がるのかもしれません。

皆さんも、ぜひ一度乗ってみてください!

坊っちゃん列車

電話番号:089-948-3323(伊予鉄道株式会社)
WEB: http://www.iyotetsu.co.jp/botchan/
料金: 大人 800円/小児 400円