道後温泉本館の工事が始まった!けど、入浴はできました!!

道後温泉本館の工事が始まった!けど、入浴はできました!!

こんにちは!ワカモノライターのmamikoです。

道後温泉本館の工事が始まった!?

ニュースで見て、居てもたってもいられずに本館を見に行ってきました。

道後温泉本館豆知識

そもそも道後温泉本館について、 松山の一番の観光スポットだけど、そのすごさを良く知らなかったので、 【公式サイト】(https://dogo.jp/)をチェック・・・

昔、道後の町長さんが「100年先までも他所が真似できないものを作ってこそ、初めて物をいう」と町の人を説得して作ったのが、本館だそう・・ 今年で築125年!
当時の町長さんが100年先を見越して作って、100年以上のちの時代、私たちが本館に価値を感じていること
これはすごいことだとまず感じました!
今は、さらに100年後の松山に道後温泉本館を残すための工事をしているとのことです。

いざ、道後温泉本館へ!

調べた後、道後温泉駅まで電車で行き、 徒歩5分、道後温泉本館にたどり着きました!
入り口には、こんな日除け幕が!

噂には聞いていましたが、これが「火の鳥」と「道後温泉本館」のコラボですね!
工事中も入浴できると書いてあったので、早速中に入ろうとすると、なんと!ここから入れなくなっている!!!

看板に従って北面に回ると、そこに新しい入り口がありました。
平成31年1月の工事開始からは、こっちが正面入り口になるようです! 斬新!

でも、スタッフさんにお話を聞くと、道後温泉本館は明治時代に改築した時には、ここが正面入り口だったんだそうです!
私たちは当たり前と思っていた西側ですが、昔の方はここが入り口だったんですね・・!驚きです!
※だから振鷺閣の上の白鷺もこっちを向いているそうですよ!

この面も、「火の鳥」のオブジェが飾ってあったり、夜にはきれいなライトアップもされているみたいです!
早速中へ。

ぱっと入った感じ、なんかキレイな銭湯みたい!と思いました!誰でも気軽に入れそう♪
変わらない応接員さんの笑顔に癒されながらチケットを購入!

チケットにも「火の鳥」が!
肝心の温泉ですが、なんと!
これまで男湯だった神の湯の2つの浴室のうち、西側が神の湯(女湯)になっているのです。(詳しい内容はコチラ・・・https://dogo.jp/onsen/honkan
今までは男湯だったので見る事が出来なかった、 念願の「坊っちゃん泳ぐべからず」の札も見る事が出来ました・・

(浴室内や脱衣室は撮影NGなので、写真は道後温泉事務所のオフィシャル写真をお借りしました!)

最初は「工事」と聞いて、もうあの外観は見られないのかと不安でしたが、今のところ外観から工事の雰囲気はなかったので、一安心しました。
実際に足を運んでみて、もともと男湯だった温泉にも入れるし、今しか見られない「火の鳥」とのコラボレーションも楽しめて、なんだか女子の好きな「期間限定」にささるなと思いました!

これからも様々な展開がなされる予定の道後温泉本館。

皆さんも是非今しか見られない、貴重な本館に行ってみてくださいね~♪

道後温泉本館

住所:愛媛県松山市道後湯之町5番6号
電話番号:089-921-5141(代表)
営業時間:(神の湯):6:00~23:00(札止:22:30)
入場料: 大人(12歳~)410円、小人(2~11歳):160 円
WEB: https://dogo.jp/onsen/honkan